2008年11月16日

サンタクロース

慌ただしい日々が続き、久しぶりの更新になりました。


11月初旬、無事に来年4月から通う幼稚園も決まりました。
初めて毎日通う、集団生活の場所。
新しい世界が広がってゆく、未知なる可能性が開花する時期。
数多くの出逢い、様々な体験を通して、楽しい3年間になりますように。

秋は、近くの園の焼き芋会にも参加し、
落ち葉で焼き上げるお芋の美味しさも初体験しました。
ホクホクの、黄色くて甘いお芋。
以前はそれほどではなかったかと思うのですが、
突然、さつまいも好きになったムスコでした。
この時期、ちょっとしたきっかけで、
好きなもの、食べられるものが増えてゆくのでしょうね。


CIMG3192[1].jpg

お友達親子と代官山に出掛けました。
”こどもビームス”や”キャスキッドソン”などに、初めて足を運びました。

”こどもビームス”
Gymphlex、ZOOM、THE SMOCK SHOPなど、シンプルなデザインのものが
木のお家のようなナチュラルなインテリアの店内に並んでいました。
ぬくもりが感じられる雰囲気の中で、ゆっくりお買い物が出来そうです。

最近は、すっかりお買い物にお付き合いは退屈になったようで、
お友達と一緒の場合は遊んで待っていてくれることもありますが、
ムスコと二人では、お店に入ることすら難しくなってきました。
お友達ママに外で子供たちを見て貰い、交代でお買い物が定番です。


CIMG3169[1].jpg


秋が深まり、クリスマスが近付いてきましたね。
先日、クリスマスツリーを出し、オーナメントの飾り付けをしました。
昨冬は、片付けることを拒み続けたムスコ、
出した途端大喜びで、一緒に飾り付けをし、しばらくうっとり眺めていました。

ところが・・・その翌日、夫がサンタクロースの話をしたところ、
サンタクロースについてあまりよく理解出来ていないことが発覚!
オーナメントにいくつかサンタクロースのものがあるのですが、
その人がプレゼントを届けてくれるという認識は無かった様子でした。
振り返れば、昨年はサンタクロースの絵本を読まなかったような・・
急いで、図書館で借りてきたのでした。

「何をお願いしようかな・・」と考えては、
「アイスクリームにしようかな♪」と笑顔のムスコ。
クリスマスまでに、本当に欲しいものが決まるのでしょうか?
子供の頃、わくわくしながら当日を待っていたことを思い出しながら、
サンタクロースを解りかけたムスコの当日の反応を
子供同じように、わくわくしながら待つ親なのでした。

posted by rose at 22:43| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月02日

東京ディズニーランドへ

涼やかな風を肌に感じた秋らしい日、
ディズニーランドに出掛けてきました。

CIMG2856[1].jpg

いつ頃からか、ミッキーマウスの存在を知り、「かわいい」と言い始めたムスコ。
ある日、新聞の折り込み広告にディズニーランドのハロウィンのチラシが入り、
その日から毎日のように眺め、「こんどいこうね」と嬉しそうにニコニコ。
「ミッキーのところには、かわいいおばけも、こわいおばけもいるのだって」
「でも、ちかくにはこないからだいじょうぶだよ」
きっと、頭の中で想像上のディズニーの世界が広がっていたのでしょうね。

以前、家族で出掛けたのは、ムスコが1歳になる少し前のこと。
あの頃と異なり、今回は自らの「行きたい!」という望みが感じられ、
親としては、その夢の世界を輝く瞳に映してあげたいと思いました。
あいにく都合のつかなかった夫に代わって、妹が同行してくれることになり、
ムスコの願いは現実となったのでした。


本当なら、1週間ほど前から行くことを伝え、
楽しみに待つ様子も目に焼き付けたかったのですが、
子供のこと、前日に体調を崩すことも考えられたため、
前日に告げることとなりました。

想像通り、大喜び!
その日は、鼻歌でミッキーマウスマーチを歌い続けたのでした。


CIMG2860[1].jpg

8時の開園と共にゲートを入ってからは、
目に入ってくるディズニーキャラクターに釘づけでした。

初めにトゥーンタウンへ。
”ミート・ミッキー”の列に並び・・・
大人にとっても退屈な待ち時間、どうなるかなと心配しましたが、
初めのうちは、見渡す限り広がるかわいらしい街を観察。
「あそこには、おおきなおふねがあるんだって」など、楽しそうに報告していました。

CIMG2784[1].jpg

そして、目の前を通るハロウィンデコレーションされたジョリートロリー。
そこは乗り物好きな男の子、「あとで、のりたい!」。
ハニーハントのFPを取ってきてくれた妹のはからいで、
ムスコと二人、のんびりゆっくり進むトロリーを楽しませて貰いました。

その後、ようやくミッキーのお家に入れることに。
おとぎの国の世界に入り込んだような錯覚を覚えるお家の中では、
ひとつひとつじっくり見たかったようで、なかなか足が進まず。

そしてミッキーに会えることに。
お部屋に入った途端に、キュートなミッキーの姿が。
怖がるかな・・とも思っていたのですが、全くその気配もなく、ただただ嬉しいばかり♪
あの、会った瞬間心からの嬉しさが顔に出た笑顔は、今も私の記憶に鮮明に残っています。
そしてお部屋を出た瞬間、ムスコの口から出たきたのは・・・
「ミッキーは、ぜんぜんおしゃべりしなかった。なんで?」
「どうして、なにもおしゃべりしてくれなかったのだろう?」
お話出来なかったことが残念だったのでしょうね。
長かったですが、並んだ甲斐があった2時間となりました。

ふんわり香るキャラメルの香り。
スーベニアバケットに入ったポップコーンを妹に買って貰い、
「わぁ〜、やまもりはいっているよ!」と喜びを隠せないムスコ。
今までに見たことのない、経験したことのない量のおやつを抱えた幸せは大きかったのでしょうね。

予想外の乗り物、ガジェットのゴーコースター。
並んでいた時に乗りたいと思っていたらしく、強い希望でミニジェットコースターへ。
(3歳以上、身長90cm以上の場合は乗車出来るそうです)
大丈夫かな・・と思うのは母だけだったようで、
スピード好きなムスコはワクワクしながら待っていました。
実際に乗車してからは、あっという間に終わってしまい、
「もうおわり?たのしかったね〜♪」と。
私が子供の頃は、目を瞑って乗っていたように記憶しているのですが、
そこは男の子、怖くないのでしょうか?不思議でした。


昼食を取り、プーさんのハニーハントへ。
FPのお陰で、15分も待たずに乗ることができました。
少し暗かったこと、そして次々進んでゆくのでそのペースについてゆけず、
こちらはあまり楽しむ余裕がなかったようでした。


CIMG2826[1].jpg

”ジュビレーション”のパレードのため、レジャーシート敷き待つことに。
今まで何度となくディズニーランドを訪れていますが、
実は、レジャーシートを敷いてパレードを鑑賞するのは初めてでした。
目の前で、まるでミュージカルのように演じられるダンス、
ダンサーの方の表情、動き・・感動させられました。
子供だけでなく、大人も「わぁ〜」という気持ちになりますね。

約1時間後に”ディズニー・ハロウィン”のパレードが始まるとのことで、
場所を変え、ベンチ席で待つことにしました。
あいにく、通り過ぎてしまうエリアだったので、
「ダメダメ!イヤイヤ!]の練習は活かされませんでしたが、十分楽しめました。

最後にひとつ・・と思い、船と汽車を選択させてところ、「おふね!」だったので、
”ジャングル・クルーズ”に並びました。
動物好きなので、お船に乗ったことよりも、動物を見ることが出来たことが嬉しかったようです。

辺りはすっかり暗くなり、アトラクションは終わりにしようと考えていたのですが、
どうしても汽車に乗りたいムスコ。
この頃、眠さもかなり限界に来ていた様子。
バギーも置いてゆかねばならず、待ち時間60分。
途中で諦めるかな・・と思いつつ並びましたが、
乗りたい気持ちがとても強かったようで、葛藤しながらよく頑張りました。
”ウェスタンリバー鉄道”、最後の恐竜のエリアがとても印象に残ったようです。

CIMG2876[1].jpg

心身ともに満たされ、「ごはんはおうちでたべる」と眠りにつきました。

意思が強くなってきた3歳。
「乗りたい」という強い気持ちが、ここまで頑張りに繋がるとは正直驚きでした。
食事を取る時、何かを買う時、パレードやアトラクションを楽しむために、
長時間待つことは、まだまだ3歳児には大変だったようです。
よく頑張りました。


後日、「何が一番楽しかった?」との質問に
「ぜんぶ! パレードもミッキーもおふねもきしゃも」。

また、みんなで行こうね。


(3歳2か月)
posted by rose at 23:09| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月30日

信州旅行 no.2

2日目。
天気予報は雨だったので、早めにホテルを後にしました。
諏訪I.C.から高速道路を使って、豊科へ。
安曇野エリアをドライブしました。

向かったのは、有名な大王わさび農場。
黒澤明監督の「夢」という作品のロケ地となった美しい水辺。

CIMG2374[1].jpg

透き通り、水草が流れるように揺れる様子は、
とても清涼感があり、癒されます。
しばらくその風景を眺めていました。

CIMG2380[1].jpg CIMG2384[1].jpg CIMG2386[1].jpg

写真では、なかなかこの素晴らしさは伝わりませんが、
夏にぴったりの眺めです。


CIMG2387[1].jpg

一面に広がるわさび畑。
高台から眺めてみたり・・。
あいにくのお天気でアルプスは見えませんでしたが、
美しい蓼川の景色を眺められたことが何よりでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CIMG2400[1].jpg

少し車を走らせ、自然に囲まれた美術館、安曇野ちひろ美術館へ。


CIMG2402[1].jpg  CIMG2418[1].jpg

美術館の前には、芝生の広場が広がり、
子供たちは走りまわっていました。
子供は、広い場所が大好き!


CIMG2419[2].jpg

小さな池もあり、ゲンゴロウや小さな魚も泳いでいました。
もう少し夏らしい日に来館していたら、
間違いなくムスコはじゃぶじゃぶ入って遊んでいたと思います。
こちらも、子供たちには魅力的な遊び場。


CIMG2415[1].jpg  CIMG2406[1].jpg 

館内は、木をふんだんに使ったモダンな造り。
小さな子供が遊べるプレイスペースや沢山の本が並ぶ図書スペースがあり、
絵画を鑑賞するためだけでなく、小さな子供たちへの気配りも感じられました。


CIMG2411[1].jpg

中庭からは緑が見え、お隣の館に向かう通路からは青いお花畑が。
ゆっくり時間を忘れて楽しむことが出来ます。

ちょうど、期間限定展示で、西村繁男さんの絵画も展示されていました。
「がたごと がたごと」や「やこうれっしゃ」など
ムスコが好きな絵本作家さんの原画を見ることが出来、嬉しそうでした。
とても細かい描写の、独特のタッチで描かれた絵本です。

他にも、エリックカールの原画や
子供の頃よく読んだ「わたしのワンピース」西牧茅子さんの原画もありました。
思いがけない出逢いに、童心に帰って楽しみました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CIMG2429[1].jpg


ランチは、「くるまや」にて。
お友達QちゃんのHPで紹介されていて、気になっていたお蕎麦屋さんです。

小道を入った有明神社の入り口にひっそりと在りますが、
有名なお蕎麦屋さんなので、次々と車が入ってきます。
12時前だったので、タイミング良く入店出来ましたが、
すぐに長蛇の列に・・人気ぶりが伺えます。

大人2人、子供1人でしたが、3人前の”大ざる”をペロリ!
一緒にいただいた”きのこ”や”もつ煮”も美味でした。
特に、もつ煮は絶品。
少し濃いめの味付けがお蕎麦とよく合い、やみつきに。

味、質、値段、バランスの取れたお店でした。

(写真は、有明神社です)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


のどかな田園風景を車窓から楽しみつつ、
「花・林・桃・源・郷  蔵久」に向かいました。

CIMG2434[1].jpg

こちらは、登録有形文化財に指定された建物で、
1810年(文化7年)に建てられたそうです。
元々造り酒屋だった旧家を改築して作られたかりんとうのお店。


CIMG2438[1].jpg

カフェが併設されていて、揚げたてのかりんとうもいただけます。


CIMG2446[1].jpg CIMG2457[1].jpg

私たちは、お座敷からお庭を眺めながら、
ゆっくりお茶の時間を楽しみたかったので、”和座敷”へ。
お抹茶とかりんとうのセット、抹茶アイスなどをいただきました。
静かな空間に、お抹茶をたてて頂く音が響き・・
和の心地よい空間は、安らぎのひとときでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CIMG2464[1].jpg

蓼科・安曇野の旅。
見渡す限り広がる緑は、本当に心安らぐ空間でした。
子供にとっても、自然にふれることは大切なこと。
こうして時々、機会を作ってゆきたいものです。
1泊2日と短い旅行でしたが、夏の緑と涼を堪能出来た2日間でした。

























posted by rose at 20:31| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

信州旅行 no.1

8月下旬、緑に包まれた信州に旅行に出掛けました。

初日。
最初に訪れたのは、北八ヶ岳。
諏訪I.C.からビーナスラインを通り、ピラタス蓼科ロープウェイへ。

CIMG2255[1].jpg

途中、お目当てのレストランを通り過ぎて来てしまったので、
簡単にランチを済ませ、ロープウェイに乗り、山頂へ。


CIMG2289[1].jpg

山頂は、坪庭という40分ほどの散策コースがあります。
想像以上にアップダウンがあり、
3歳児の息子は最後まで歩けるのか心配しましたが、
思いの外ハイテンションで、走って上り下りをするほど。
かなり頑張って坂や階段を上り下りしたと思います。

CIMG2265[1].jpg

空気もひんやり、緑に包まれて、とても清々しい気分を満喫。
所々ですが、こけももや高山植物の可愛らしい花も咲き、
ほんの少し、山歩きの楽しさも堪能出来ました。

CIMG2291[1].jpg

乗り物大好きな息子は、ロープウェイも大興奮!
外の景色に釘づけでした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


念願のバラクライングリッシュガーデン。
”バラ色の暮らし”付けられた名前なのですね。

CIMG2293[1].jpg

緑のアーチをくぐって、広いガーデンを散策。


CIMG2296[1].jpg CIMG2295[1].jpg CIMG2304[1].jpg CIMG2344[1].jpg

自然と溶け込むように植えられていて、英国のガーデンを思い出しました。

CIMG2309[1].jpg 

ちょうど芝を刈ったところで、美しい緑の絨毯が広がっていました。
隙間なく緑で埋め尽くせるところが、英国芝の特徴。
芝の刈りたての香りも、懐かしい・・。



CIMG2314[1].jpg

祖父が好きだった白樺。
その影響もあり、私も好きな木のひとつ。
何とも言えない雰囲気が素敵です。


CIMG2322[1].jpg

トピアリーや木のベンチも英国風。


CIMG2328[1].jpg CIMG2329[1].jpg CIMG2327[1].jpg CIMG2330[1].jpg

「bule garden」と名付けられたガーデン。


CIMG2338[1].jpg

ナスタチウムもひっそりと健気に咲いていました。


CIMG2350[1].jpg

SHOPやレストランは、落ち着いたブルーで統一されていました。


CIMG2346[1].jpg

シナモンの香り豊かなアップルパイ。
大きさは英国サイズですが、お味は甘過ぎず。
のんびり余韻に浸りながら休憩。


CIMG2342[1].jpg

広大なガーデンは、ゆっくり散策するには最適です。
整然と並んだ美しさではなく、
まるで自然に育つ植物のように植えられた美しさは格別ですね。
バラや花の見頃は終わりかけていましたが、
緑を眺めるだけでも十分に満足出来るガーデンでした。
次回はぜひ、6月に訪れてみたいものです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


CIMG2355[1].jpg

日帰り温泉にも立ち寄りました。
タイミング良く、露天風呂を貸切。
のんびり・・高台からの景色を眺めながら浸かる温泉。
日頃のご褒美のようなひとときでした。



CIMG2358[1].jpg

小さな湖、蓼科湖。
温泉で火照った体に、ひんやりと冷たい風が心地良く・・。
その後、ホテルに向かいました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


posted by rose at 22:03| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

初めての映画

1か月ほど前から、気になりだし・・・
最近では、振り付けつきで歌を2番まで歌うようになった「崖の上のポニョ」。

ポニョの姿を見掛けると嬉しそうに歌い出すムスコの姿に、
そろそろ映画も観賞出来る頃かな・・と、思い切ってお友達と出掛けてきました。

jacket[1][1].jpg


可愛らしい主人公たちの笑顔と声に、見ている側もニコニコ。
海の世界も、まるで潜っているかのようなスケール。
とてもCGを使わずに作ったとは思えない作品でした。

息子の映画デビューはというと・・・
心配をよそに、終始スクリーンに釘づけでした。
音量の大きさにちょっぴり驚いたようでしたが、
途中顔を覗いてみると、とても楽しそうに笑顔で観ていたので、
この映画を最初の作品に選んで正解でした。

私もしばらく映画館には足を運べていなかったので、
気付けば4年ぶりの映画観賞でしたが、十分に楽しめて満足です♪

暑い夏に海のお話。
涼しい気分に浸れた一日でした。


(3歳0か月)
posted by rose at 22:18| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。