2008年05月29日

彼の頑張り

4月から新しい環境に通い始めました。
週に一度だけですが、母子分離の子育てサロン。

一年を通して、私と過ごす時間が殆どで、常に一緒に行動してきたムスコ。
性格的にも慎重派で、周りを観察し、状況を把握してから、その環境に慣れてゆくタイプ。
もちろん、大泣きすることも、「行きたくない」ということも予想していました。

通い始めて2か月。
今でも、お別れはイヤでイヤで仕方が無い様子。
一日の始まりのお決まりの質問「きょうはどこにいくの?」。
この時に、サロンだと伝えると「いかない!」としがみついてきます。
これまでいつも一緒だったので、これも仕方がないこと。
でも、準備をし始めると、早く行こうと言い出すムスコ。
実際にサロンに到着すると、やっぱり離れたくなくて
普段はもう言わなくなった「だっこ、だっこ!」。

最初のうちは、あまりトラウマになっても・・という私の思いと、
無理矢理離れるのではなく・・というサロンの方針とで、
親子で参加しながら、ムスコにどういう場所なのか、
そしてどんなことをするのかを観察する時間をとりました。
少しずつ、私と離れる時間を増やし、とうとう時間一杯一人で頑張りるようになりました。

私と離れるまでは涙を流すことがあっても、
バイバイした後は、泣かずに耐えているようで、
迎えに行くと、「なかなかったよ!」と胸に飛び込んでくる小さな彼。
きっと、その一言を伝えるために頑張ったのだろうな、と思います。
沢山褒めてあげると、嬉しそうで、ちょっぴり誇らしげ。
帰りには、こんなことをした、こんな歌をうたった、楽しかったと話してくれます。
最初に相手をして下さった先生のことを信頼していて、
片時も先生から離れないようなのですが、ムスコにしては大進歩。
先生にも、自分のこと、家族のこと、色々話しているそうです。

先生のひとこと。
帰宅後の子供には、楽しかったことのみを聞いてあげて下さい。
「泣かなかった?」「今日は何したの?」は禁句だそうです。
親としては気になることなので、聞いてしまいがちですが、
子供達も、親と離れて寂しい思いをしながら頑張っているので、
楽しかったことを思い出すようにしてあげると良いとのこと。
そうすることによって、”サロン=楽しい場所”とイメージするようになるのでしょうね。
私にとっても、子育てについて勉強になる欠かせない場所となりつつあります。

子供は、ひとつのことを乗り越えると、ググっと成長しますね。
公園でのムスコの様子も変わりつつあります。
お友達と会話をしながら、一緒に遊べるようになりました。
今までは、同じ空間を共有しているという感じだったのですが。

2歳10か月。
大きな成長を感じた、記憶に残る月齢となりました。



posted by rose at 23:16| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

2歳10か月のお気に入り絵本

最近は、気に入った本のシリーズや同じ作者の絵本を必ず選んできます。
選び方は、絵本の背表紙。
そのわずかなスペースの挿絵や文字で、彼の心をグッと掴むものが借りる決め手のようです。


ひろかわさえこさんのかばくんシリーズ。
やさしいタッチの絵本で、ほんわかした雰囲気。
最後は、にっこり「よかったね」と笑顔になるお話です。




言わずと知れた、いわむらかずおさんの絵本。
以前、妹にプレゼントされてからお気に入り。
山の季節を感じる画には、大人の私も思わず眺めてしまう美しさ。
タンタンシリーズも含め、ムスコの大好きな絵本作家さんの作品です。




ふくだとしおさんのピネくんシリーズ。
お友達と森の地図を手に宝探しに出掛けるのですが、その”宝”がとても素敵なものでした。
愛らしい動物の姿や色づかいが好きです。




”ころわん”というワンちゃんのお話。
ちょっぴり恐がりな面があり、頑張ってそれを乗り越える場面が登場するシリーズ。
このお話を読んでから、家でも外でもかくれんぼをしたがるようになりました。




毎週土曜日のTV放映を楽しみしているムスコ。
このシリーズ、一番ポピュラーなタイプは、まだムスコには文章が多いのですが、
ミニ版は、読みやすく文字も少ないのでこちらを。
私も子供の頃、大好きな絵本でした。
同じ絵本で育つというのは、嬉しいものですね。




ペネロペシリーズのしかけ絵本。
お友達のお家にあり、欲しがっていたところ、
偶然にも、子供の日にひいおばあちゃんがプレゼントしてくれました。
しかけ絵本の中では単純過ぎず、難し過ぎず、
2〜3歳の子供にちょうど良いしかけが沢山。
何冊か欲しくなってしまいます。



福音館から出ている”こどものとも”も、よく借ります。
2007年5月号年中むきの”おいしいおやつをくださいな”は、
おいしいおやつを求めて、動物たちがお店に行くお話。
何度も何度も読んだ、お気に入りです。

posted by rose at 23:05| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月06日

ズーラシアへ

先日、初めて、よこはまズーラシアへ出掛けてきました。
その日は朝8:30開園とのことで、早起きをしてお弁当を作り、
開園時間に到着するように車で出発しました。
正直、通常は朝9:30からなので、来園者はまだ少ないかと思っていたのですが、
実際に行ってみると、既に駐車場には車が並び、
次々と入口に人が吸い込まれていっていました。

パンフレットを頂いて、出発!
最初に迎えてくれたのは、ゾウでした。
可愛らしいゾウにムスコは釘づけ。
近づいてくるとちょっぴり恐そうにしていましたが、
いつも絵本などで見る動物を間近で見る喜びは大きかったようです。

CIMG1106[1].jpg

こちらの動物園は、初めて体験するスタイルでした。
大きなジャングルのような、植物に囲まれた敷地を
入口から出口まで順路に従って進んでゆくというもの。

CIMG1108[1].jpg

このエリアだけ見て帰るということは出来ませんが、
小さな子どもにとってはわかりやすい道で、次々見たくなるので、
まだ無理かな・・と思っていたムスコも、結局最後まで歩けました。
念のため、とバギーも持参したのですが、
高台にある見物場所なども全てエレベーターやスロープが完備され、
小さなお子さん連れにも、とても優しいつくりになっていました。


CIMG1120[1].jpg

ペンギンも、通常の動物園のように平面からはもちろん、
こうして水の中を泳ぐ姿も見ることが出来、
泳ぐ様子がとてもよくわかり、大人の私も嬉しくなりました。


CIMG1121[1].jpg

白くまは、なぜかずっと頭を振り続けていました。


CIMG1132[1].jpg

途中にはこんな休憩スペースもあり、南国風。
殆どの方がお弁当を持参して、こうしたスペースで楽しんでいました。
我が家は、途中でお腹がすき、早々と10:30にお弁当を開いてしまいました。
こんな時は、ありきたりのおかずでも、お弁当が一番ですね。


CIMG1113[1].jpg


食後も沢山の動物を見て歩き、最後はムスコもヘトヘト・・。
そこへ見えてきたのは、子供の遊び場”わんぱく広場”。
先程までの疲れた様子はどこへ?
「あそぶ!」と夫と走ってゆきました。

CIMG1140[1].jpg


CIMG1137[1].jpg

滑り台大好きなムスコは、こちらに夢中でした。
何度も何度も・・ひたすら上っては滑る、上っては滑るの繰り返し。
他にも色々な遊具があり、子供たちがとても楽しそうでした。
動物園にこうったスペース、とても良い案ですね。

思う存分遊んだ後は、出口に向かいました。
この日は、小さなステージでズーラシアバンドの演奏もあり、
動物のかぶり物を被った方々が、ホルンやトランペットなどで
「天空の城ラピュタ」などを奏でて下さいました。
実はちょっぴりこのかぶり物が恐いので、
ムスコと少し離れたところに座り、聴かせて頂きました。
生演奏まで楽しめ、至れり尽くせり。
この先に、広い芝生の広場があったのですが、
歩き、遊び疲れてしまっていたので、またの機会に。
こちらでお弁当というのも広々していてお勧めです。

出口付近のハーゲンダッツでは、
ムスコに抹茶アイスクリームをせがまれ、
ズーラシア限定の”オカピサンデー”は堪能出来ず・・でした。

動物園の中では、上位に入る造りでした。
きりんやパンダなどはいませんが、十分楽しめて、
何より小さな子供連れに優しく、自然に囲まれている雰囲気が好きです。
またぜひ、足を運びたいです。
posted by rose at 23:43| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。