2005年05月31日

便利な付録

プレモ付録

以前にも増して胎動が激しくなり、おなかが波打つように。
元気な証拠なのでとっても嬉しいのですが、あまりにグニョグニョ動くので、
時に「くすぐったい!」と感じることもあるほどです。
後期のつわりなのか、つわりの頃のように気分が優れない日も・・。
妊娠3ヶ月頃からのつわりは、夜気分が悪くなる程度で割と軽かった方だと思うのですが、
その時期は全く和食を受け付けず、お出汁の香りがとにかくダメ。
夫のためのお味噌汁すら作れない状態でした。ごはんの炊ける香りもダメでした。
その頃と同様、今もなのですが、甘いもの(特にケーキなど洋菓子)を食べると
気分が悪くなるので、興味がなくなり、食べたいと思わなくなりました。
あんなに好きなケーキなのに、本当に不思議です。

マタニティ期間に買った雑誌は「Pre-mo」。
こういったマタニティ雑誌はいくつか出ていますが、私はプレモが好みでした。
と言っても、実際に購入したのは今月号を含めて3回。
近所の図書館に置いてあるので、それ以外の号は図書館で読んでいました。
購入したのはどれも付録目当てで買った号ばかりなのですが、この付録が大活躍。
「春夏生まれベビーの出産準備&育児グッズ パーフェクトカタログ」や
「大切なベビーへの最初のプレゼント 幸せになる名前つけ方Book」、
そして今月号の「かかる!もらえる!得をする!産前 産後 お金まるわかりガイド」。
特に、初産で何を揃えたら良いのかわからない私にとって、
ベビーグッズの準備品のリストは助かりました。
先輩ママのお友達にも聞いたのですが、出産の時期が異なると
微妙に購入するものも変わってくるようで・・・。
お金のことも一冊にまとまっていてわかりやすく、今後役に立ちそうです。


posted by rose at 20:56| Comment(4) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜。
私も妊娠中の雑誌はプレモでした。案外、付録って役立つものが多いですよね。
私は付録で「お産本番完全予習ガイド?」というのがあり、お産が近くなってからは熟読し、お産当日もそれを持って陣痛室に入りました。そのために折り目がばっちりついたあまりきれいな本ではなくなってしまいましたが、捨てられず、思い出として大切に保管しています。
付録と言えどもとても強い見方になりますよね。
Posted by こむぎ at 2005年05月31日 21:22
roseさん、こんにちは♪
私の7年前の妊娠中は、プレモは残念ながらなかったかな〜?^^”
ちょうど上の娘の頃に、「たまごクラブ」や「こっこクラブ」が創刊されたような気がしてます。
(確かではないですが…)
私も、付録のベビーノート片手に実家の母と一緒にせっせと育児用品を揃えましたよ。
陣痛の記録や授乳の記録もつけてました。懐かしいな〜
残りわずかなマタニティーライフ。素敵な毎日をお過ごしくださいね〜
そういえば…roseさんが紹介されてた「うつわ日和。」という本に、ただ今興味深々です!
陶芸にも興味があるので、一度読んでみようと思ってます。
Posted by hana at 2005年06月01日 13:54
こんにちは。順調そうで何よりですね。
悪阻、私は酷くて初期の頃体重が6キロ減ってしまい先生に叱られました。
妊娠中はウソのように食べ物の好みが変わりますよね。普段食べれなかったものとかもこの時期だけの特権食と思って思う存分食べてみてください(笑)

私もPre-moをよく読んでいました。Baby-moになった今でも中身を考慮して時々購入しています。
こういう育児雑誌って内容が毎月代わり映えしない事があるので図書館チェックは必要ですよね。
でも産後は中々外出(特に新生児期)できないので
気晴らしのつもりで購入して読んでました。

もうお腹の上から手や足がグニュグニュ見えて面白いのでは?きっと居心地の良いお腹の中で運動会をしているのかもしれませんね。赤ちゃんは場所や時間を選ばず動くので意外な場所で動かれるとビックリしちゃう事ありませんか?^^

うっとおしい梅雨の季節になってきましたがどうぞお体を冷やさず風邪などひかないようにご自愛ください。
Posted by ミント at 2005年06月01日 19:37
:: こむぎさん ::

こむぎさんも、プレモを愛読されていたのですね。
「お産本番完全予習ガイド」もう少し出産が近くなったらぜひ読んでみたいですね。
雑誌中の特集では何度かあったように記憶していますが、
付録だと後々まで取っておけるし、良い記念になりますよね。
雑誌はどうしても、最終的には捨てることになるので・・・。
最初は、右も左もわからない状態なので、こういう情報がとても役に立ちますネ。


:: hanaさん ::

hanaさんも、上のお子さんの時は付録を頼りに出産準備をされたのですね。
赤ちゃんのモノは、日本には便利なものが沢山あり過ぎて悩みます。
優柔不断な私にとっては、選択枠が多いと決めるのが大変で・・。
赤ちゃんグッズは嵩張るものが多いので、出来るだけ最小限で用意したいと思っています。
そろそろ本腰入れて準備しないと!です。

「うつわ日和。」オススメです。
本屋さんなどで手にとってみて下さいネ。
私もこの本を読んで、うつわが欲しくなってしまいました。
陶芸、2度ほど体験したことがあるのですが、楽しいですよね。
その時に作った器、今でも大切に使っています。



:: ミントさん ::

悪阻で6kgも痩せられたなんて!
私は軽かった方ので、その頃も順調に1ヶ月に1kgずつ体重が増えていました。
その分、中期&後期と体重管理が大変ですが、悪阻が軽く済んでくれたベビーに感謝です。
ちなみに、私は妊娠を機にトマト大好きに。
悪阻の時期は、冷蔵庫にプチトマトが3パックぐらい入っていないと落ち着かないほど。
きっと、トマト好きなベビーが生まれてくると思います(*^-^*)

出産後は私もBeby-moを読むことになるのかな?
新生児の時期は外出も出来ないし、自分の時間もまとまって取れないので、
雑誌は良い気分転換になりそうですよね。
今から、短時間で出来る気分転換方法を探しておかなくちゃ!

ここのところ本当によく動いてくれるので、自分の身体ながら不思議そうに眺めてしまいます。
当たり前ですが、夜中でも朝でもお構いなし。夜はもう少し大人しくしてネ、という感じです。
ホント、ビックリしちゃいますよね。
Posted by rose at 2005年06月01日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。