2008年05月22日

2歳10か月のお気に入り絵本

最近は、気に入った本のシリーズや同じ作者の絵本を必ず選んできます。
選び方は、絵本の背表紙。
そのわずかなスペースの挿絵や文字で、彼の心をグッと掴むものが借りる決め手のようです。


ひろかわさえこさんのかばくんシリーズ。
やさしいタッチの絵本で、ほんわかした雰囲気。
最後は、にっこり「よかったね」と笑顔になるお話です。




言わずと知れた、いわむらかずおさんの絵本。
以前、妹にプレゼントされてからお気に入り。
山の季節を感じる画には、大人の私も思わず眺めてしまう美しさ。
タンタンシリーズも含め、ムスコの大好きな絵本作家さんの作品です。




ふくだとしおさんのピネくんシリーズ。
お友達と森の地図を手に宝探しに出掛けるのですが、その”宝”がとても素敵なものでした。
愛らしい動物の姿や色づかいが好きです。




”ころわん”というワンちゃんのお話。
ちょっぴり恐がりな面があり、頑張ってそれを乗り越える場面が登場するシリーズ。
このお話を読んでから、家でも外でもかくれんぼをしたがるようになりました。




毎週土曜日のTV放映を楽しみしているムスコ。
このシリーズ、一番ポピュラーなタイプは、まだムスコには文章が多いのですが、
ミニ版は、読みやすく文字も少ないのでこちらを。
私も子供の頃、大好きな絵本でした。
同じ絵本で育つというのは、嬉しいものですね。




ペネロペシリーズのしかけ絵本。
お友達のお家にあり、欲しがっていたところ、
偶然にも、子供の日にひいおばあちゃんがプレゼントしてくれました。
しかけ絵本の中では単純過ぎず、難し過ぎず、
2〜3歳の子供にちょうど良いしかけが沢山。
何冊か欲しくなってしまいます。



福音館から出ている”こどものとも”も、よく借ります。
2007年5月号年中むきの”おいしいおやつをくださいな”は、
おいしいおやつを求めて、動物たちがお店に行くお話。
何度も何度も読んだ、お気に入りです。



posted by rose at 23:05| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月08日

2歳8か月のお気に入り絵本

図書館通いは、相変わらず週1、2回ペース。
毎日お昼寝前と夜の就寝前に必ず借りてきた本を読むので、
私自身も飽きてきてしまい、最低このペースで通いたいところです。

ブームは、アンパンマン、リサとガスパール、ペネロペ。
このシリーズは全て人気があるので、予約して借りています。




「アンパンマンをさがせ」シリーズやアンパンマン図鑑は、
セットで借りて、膨大な数のキャラクターを調べては覚えている様子。
「これなに?」攻撃が凄いので、母としても根気の要る作業。
知りたい気持ちが強いので、記憶力はムスコの方がずっと上です・・。




ペネロペは、ちょうどムスコくらいのお子様にお勧めです。
数の数え方や色、挨拶のことなど、楽しみながら興味を持てるようになりました。




とりごえまり さんの絵本も大好きです。
愛らしい”くるりん”という恥ずかしがり屋さんのはりねずみのお話。
ムスコも恥ずかしがり屋なので、共感するところがあるのでしょうか?




同じ、とりごえまり さんのシリーズ。
心配症のしんくんと、のんきなのんちゃん、正反対の性格の仲良しな二人のお話。
ほのぼのします。




つちだのぶこ さんのカレーライスが食べたくなってしまうお話。
独特なタッチの画と、次々読み進めたくなる文章。
ムスコはとても好きで、何回も借りている絵本です。




竹下文子さんのこのシリーズも愛読。
宅配便の車がどのような経路を通って荷物を運んでくるのかを
わかりやすく、細かいところまで描かれていて、男の子には魅力的な一冊。


”あまんきみこのあかちゃんえほん”シリーズもムスコは好きで、
自分から選んで借りたいと持ってきます。
文字数が少ないので、返す頃には全て文章を暗記するほど。
あっくんという男の子と動物たちが、日常のことを教えてくれます。
ムスコは、このシリーズの「いっぱいたべよう」を読んで、
それまでかなり偏食だったのが、少しずつ改善されました。


沢山あるお気に入り絵本の中から、数冊ご紹介しました。
以前よりもムスコが選ぶ冊数が増え、殆ど自分で選んでいます。
何を基準にしているのかはわかりませんが、
「選ぶ」という過程も大切だと思っているので、自分で選ばせています。
読む時は、本の名前と作者も必ず。
お陰で、私自身も絵本の名前と作者がリンクするようになってきました。
子供も、好きな作者の方の本は、他のシリーズも好きなようです。








posted by rose at 23:09| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

のりもの絵本

2歳になってからというもの、
いつの間にか出来るようになっていることが増えました。
2歳検診の際、「一人で手すりなどを持たずに、階段を上り下り出来ますか?」の問いに
「いいえ」だったのに、1週間後には、一人で何も持たずに階段を下りている姿を目撃。
朝やお昼寝から起きた後、部屋から出る前には、布団をたたむようになりました。
まだベビー布団で眠っているので、パタンと一度折るだけなのですが、
教えたわけでもないのに・・と驚きました。
あんなに嫌がって頭を悩ませていたハミガキも、
教育TVの”おかあさんといっしょ”と蟻さんのお陰で、
今では自分でハミガキをしたいと言うようになりました。
大勢の蟻が恐いようで「ハミガキしないとお口に蟻さんが来るよ〜」と言ったのがきっかけ。
現在は、出掛ける前にハミガキをする真似をして、
「ハミガキしよう」と催促してくれるようになりました。

”いつの間にか”ではなく、一生懸命練習して出来るようになったこと、「ジャンプ」。
リトミックでジャンプをする歌があるのですが、なかなか出来ずにいました。
ある日、家でジャンプの真似をするようになり、そこから日々練習。
なかなか難しそうでしたが、その過程をじっくり見られたことは、
親としてとても嬉しく感じられました。
そして、無事に出来るようになってからというもの、何故か動きが活発になり、
家の中を走り回ったり、歌を歌いながら踊ったり。
注意しつつも、そんなムスコの姿を横目でチラチラ見ながら楽しんでいます。

食事も、大分色々なものを食べるようになってきました。
揚げ物には一切手を出さなかったのですが、エビフライは好きな様子。
それまでは頑なに拒んでいたキャベツの千切りなども、口にするようになりました。
でもやっぱり、トマト以外の生野菜は好んでは食べないですね。
食感が慣れないのでしょうかね?

「な〜に?」「な〜に?」の質問攻めも回数が増えました。
特に、私が気付かれたくないものやことの時に聞かれることが多く、
ウソもつけないし、困ったものです。
例えば、化粧道具を手に取り、「な〜に?な〜に?」。
ムスコにはまだ与えたくないチョコレートなどの箱を見つけて、「な〜に?な〜に?」。
全て見られているようで、気が抜けませんね。

続いている、週2回ほどの図書館通い。
就寝前の読み聞かせは定着しているのですが、
最近は、一人で開いて声を出して読むことも多くなってきたので、
読み聞かせ用の絵本と、自分で読むような文章の短い絵本と、
二種類借りるようにしています。
5冊借りられる内、2冊は私が、3冊はムスコが自分で選んできます。
今回は、ムスコお気に入りの、のりものが登場するオススメ絵本を。






ムスコが一人で何度も何度も読んでいたお気に入り絵本








posted by rose at 00:07| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

お気に入りの絵本

毎日、お昼寝、就寝時に読む絵本。
ムスコのお気に入りの一部をご紹介します。



「そらまめくんのベッド」
お豆好きなムスコが「マメ、マメ」と言いながら、毎回持って来ます。
「べっどがない!」と、みんなに聞きながら探すところが面白いようで、
いつも「フフ」と笑っています。
そらまめくんの心の成長が心温まり、私も好きな一冊。





「そらいろのたね」
まだ少し難しいのでは・・と思うのですが、画が可愛らしいからでしょうか?お気に入りです。
色々な動物が登場するところが楽しいようです。
なかがわりえこさんの絵本は、私も子供の頃から好きで、
家にあるこの本は私が読んでいたものです。





「うさバス」
おもちゃのバスに乗って、ほかの動物のぬいぐるみたちと家の中を探検するお話。
画が可愛らしいこと、主人公がうさちゃんなことから、
のりもの好きな男の子に限らず、女の子も好きになる絵本だと思います。





「いないいないばあ」
まだ赤ちゃんの頃に頂いた本ですが、今でも愛読書です。
松谷みよ子さんのこのシリーズの絵本は、私からすると
「小さな子供には挿絵が地味かな・・」と思うのですが、子供は好きですね。
わらべうたなどは、やはり子供に何か響くのでしょうね。
このシリーズは沢山出ているので、図書館に行く度に借りてきます。





「1さいだもん」
お友達ママからいただいたのですが、
1歳児の興味があるものばかりがぎゅっと集まった本。
食べ物の画、はたらく車の写真、動物の写真、色見本などなど。
こちらは、読んであげたり、自分でも開いて読んだり、長く楽しめた1冊でした。
お気に入りだったので、「2さいだもん」も購入したほど。





「1さいだもん おはなししましょ」
「1さいだもん」のシリーズで、1歳児にも理解しやすいお話が満載。
全て昔話、などではなく、ジャンルの異なる短いお話が掲載されているので、
読んであげるママも飽きが来なくてオススメです。



個人的には、福音館の絵本が好きです。
皆さんも、オススメの絵本があったら、ぜひ教えて下さいネ。




posted by rose at 23:36| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

はらぺこあおむし

カフェインレスコーヒー

友人からお祝いに頂いた絵本。
有名な、エリック・カールの「はらぺこあおむし」。
ムスコのお気に入り絵本「うしろにいるのだあれ」と一緒に毎日読んでいます。
以前は寝かせたムスコの隣に並んで読んでいたのですが、最近は私の膝に座らせて。
今までの本よりも文章がちょっぴり長いせいか、
1ページの半分位のところで顔を上にあげて、読んでいる私の顔を見つめます。
短い文章のページはそのまま、長い文章のページは1ページ毎に同じ仕草を。
「何を言っているのかな?」「次のページはまだかな?」と思っているのでしょうか?

4ヶ月に入って1週間、寝返りを成功させました。
本人は握っていたハンドタオルに夢中で、気がついたらゴロンと・・。
そんなことになる筈ではなかったムスコ、ビックリして大泣きでした。
少し前までは、うつ伏せにすると嫌がっていたのですが、
最近は頭を持ち上げて、おめめをパッチリ開けて、しばらくキョロキョロ。
重たい頭を持ち上げているのはやっぱり疲れるようで、
その後しばらくすると「戻して〜!」と訴えてきます。
寝返りを頻繁に出来るようになってくると、この繰り返しなのでしょうね。

一人で大人しく遊んでくれる時もあるものの、
相変わらず、私の姿が見えなくなると泣き叫ぶことが多いムスコ。
お昼寝の時間以外は、本当にべったり・・です。
こんなにママを必要としてくれるのもここ数年だけかな、と
思う存分二人っきりの時間を満喫していますが、遊びにも限界が・・。
これから家で過ごす時間が多くなったら、何をしようかな?
3ヶ月の頃に購入したプレイジムにはあまり興味がないようで、
今、一番夢中になっているのは、歯がため付のガラガラ。
飴のように一生懸命舐めたり、噛んだり。
まあるい形がお気に入りのようです。
posted by rose at 21:47| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

まだ早いかな・・と思いつつ

カフェインレスコーヒー

ここのところ雨が続いて、ムスコと過ごす時間に限界が。
まだまだわからないだろうな・・と思いつつ、
お祝いに頂いた絵本を読んでみることにしました。

うしろにいるのだあれ
1ページ1ページに大きく動物が画かれていて、文章も短く読みやすい1冊。
読んでいる間、手足をバタバタさせながら、目は確実に画を見ている様子。
実際のところは何もわかっていないのかもしれませんが、
嬉しそうに見えるので、それ以来、毎日絵本を読む時間が出来ました。

毎日、数冊の同じ本では・・と図書館に足を運んでみたのですが、
沢山の本の中から選ぶのは難しいですね。
(うしろにいるのだあれシリーズは、図書館で予約したので楽しみです)
お馴染み、ノンタンやブルーナなども良いのですが、
この本のように、わかりやすい大きな画で、
色々な動物などが画かれているものを探しています。
もう少し大きくなったら読ませたい絵本は色々あるのですが、
今のムスコにはまだ文字が多かったり、画が複雑だったり・・。
オススメの本があったら、ぜひ教えて下さい。
posted by rose at 17:08| Comment(4) | TrackBack(1) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

ベビーブック

ベビーブック

以前から気になっていた、伊藤まさこさんの新刊「ベビーブック」。
タイムリーに我が家にもベビーがいるので、届くのを楽しみにしていました。
日中は、ムスコが眠っている間に家事をこなしたり、
やらなければならないことがあったりで、
なかなか本をじっくり読む時間が無いのが現状。
この本は、ひとつひとつのGOOSD毎に綴られているので、
ちょこっと出来た時間に読めて嬉しいです。
さすが伊藤さんセレクトのベビーグッズ。
すごく便利なものよりも、ちょっと便利でかわいいものや
不便でおしゃれなものの方がいい。
というところが伊藤さんらしいな・・と思いました。
どうしても機能性を重視してしまいがちだけれど、
そんな考え方、選び方も素敵ですよね。
持っているモノ、これから購入しようと思っていたモノ、
こんなかわいいモノがあったんだ!など、とっても楽しく読んでいます。

赤ちゃんは、大変だけど、楽しいかわいい。
まさにそれを実感しています。

posted by rose at 17:21| books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

便利な付録

プレモ付録

以前にも増して胎動が激しくなり、おなかが波打つように。
元気な証拠なのでとっても嬉しいのですが、あまりにグニョグニョ動くので、
時に「くすぐったい!」と感じることもあるほどです。
後期のつわりなのか、つわりの頃のように気分が優れない日も・・。
妊娠3ヶ月頃からのつわりは、夜気分が悪くなる程度で割と軽かった方だと思うのですが、
その時期は全く和食を受け付けず、お出汁の香りがとにかくダメ。
夫のためのお味噌汁すら作れない状態でした。ごはんの炊ける香りもダメでした。
その頃と同様、今もなのですが、甘いもの(特にケーキなど洋菓子)を食べると
気分が悪くなるので、興味がなくなり、食べたいと思わなくなりました。
あんなに好きなケーキなのに、本当に不思議です。

マタニティ期間に買った雑誌は「Pre-mo」。
こういったマタニティ雑誌はいくつか出ていますが、私はプレモが好みでした。
と言っても、実際に購入したのは今月号を含めて3回。
近所の図書館に置いてあるので、それ以外の号は図書館で読んでいました。
購入したのはどれも付録目当てで買った号ばかりなのですが、この付録が大活躍。
「春夏生まれベビーの出産準備&育児グッズ パーフェクトカタログ」や
「大切なベビーへの最初のプレゼント 幸せになる名前つけ方Book」、
そして今月号の「かかる!もらえる!得をする!産前 産後 お金まるわかりガイド」。
特に、初産で何を揃えたら良いのかわからない私にとって、
ベビーグッズの準備品のリストは助かりました。
先輩ママのお友達にも聞いたのですが、出産の時期が異なると
微妙に購入するものも変わってくるようで・・・。
お金のことも一冊にまとまっていてわかりやすく、今後役に立ちそうです。
posted by rose at 20:56| Comment(4) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月06日

ファーストプレゼント



先月、ベビーのために準備するモノを購入し始めるにあたって、
最初に買うものは、何か記念になるものがいいな・・と思いました。
おもちゃのようなものでも良かったのですが、嵩張らずにずっと持っておけるモノ。
色々考えた結果、絵本を買うことにしました。
子供の頃から、母が沢山の絵本を与えてくれたお陰で、絵本が好きでした。
ぐりとぐらシリーズ、ひとまねこざるシリーズなど、
福音館書店や岩波書店のものがお気に入りだったと記憶しています。
何度も何度も読んでボロボロになった大好きな絵本のひとつ、「ちいさいおうち」。
誰もが、一度は読んだことのある絵本だと思いますが、
大人になった今でも、良いお話だな・・と感じます。
この本をベビーが自分で読めるようになるのは随分先のことになりますが、
大切な1冊になってくれたら・・と願いを込めて。
私からベビーへのファーストプレゼントです。
posted by rose at 21:49| Comment(3) | TrackBack(0) | books | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。